INTERVIEW

トライ&エラーを繰り返し
日々進化する

総務人事部

SBプレイヤーズ株式会社
総務人事部
総務・人事・OAグループ

岩本 有加

大学卒業後、独立系のSIerにてSEに従事。2019年1月、SBプレイヤーズに入社。現在は、総務人事部 総務・人事・OAグループに所属。SE時代の経験を活かして、社内ネットワークの運用などを行っている。日々、新しい情報を吸収しながら、社内業務の改善などに積極的にチャレンジしている。

アタックのための
「トス」をする役割

前職はSEです。属にいう「常駐SE」で、開発スケジュールやフェーズに合わせて現場を移動していました。日々業務をこなす中で、改めて本当に自分がやりたいことは何か考えたとき、自社の「数字やサービス」に直接コミットできるような現場で働きたいという思いが芽生え、自社サービスを運営している企業への転職を考え始めました。その中でもご縁のあった、複数事業展開しているSBプレイヤーズへの入社を決めました。
当社は事業会社の管理部門を担っている会社です。「アタック」を決めるのが事業会社とすると、そこに「トス」するのが私たちのミッションと考えていますので、SBプレイヤーズグループ内社員が業務を円滑に進められるよう日々サポートしています。部門や事業会社を問わず社内で働いている人たちと話をする機会が多々あり、今までとはまた違う新鮮な気持ちで日々業務を行っています。

気さくなプロフェッショナル集団

具体的な業務としては、社内で使う新サービスの検討や社内ネットワークの運用保守から社内システムのアカウント管理、PCキッティング、コピー機や電話機の設置まで、多岐にわたります。どの業務においても社内の方々と距離が近いため、直接感謝の言葉をいただけることも多く、これは大きなやりがいにつながっています。
部署内は皆さん積極性があり、コミュニケーション力の高い社員が多いです。また、プロフェッショナルとしての専門性も高く豊富な知識や幅広い視野、仕事の進め方など、一つひとつが勉強になります。質問をしても気さくに答えてくれますし、気付きを伝えたり提案を行う際も、上下・左右関係なく前向きに検討してもらい、風通しのよさを感じます。キャリアの浅い私としては大変ありがたい環境です。

社員の成長を支援

当社はソフトバンクグループであるため、企業としての土台がしっかりしているところも魅力です。ソフトバンク・ユニバーシティ(SBU)というソフトバンクグループ企業内の研修があったり、当社独自の制度としては受講したい外部セミナーに参加できるなど、教育制度が充実しています。
また入社する際には通常面接とは別にフォローの場を設けてくださり、双方で入社後のミスマッチがないよう真剣に向き合ってもらいました。ここにも、人を大切にし社員の成長を支援してくれる企業だということを感じました。

さらなる改善へのチャレンジ

社内業務に関していえば、改善できるポイントはいくつかあると考えています。例えばRPA(Robotic Process Automation)の導入です。一部アカウント管理を手動で行っている部分は、フローを標準化することで自動化実現も可能と考えています。また社内・社員向けの環境構築にも、今後力を入れていきたいです。社員向けポータルサイトをさらにパワーアップすることで、業務効率化や社員満足度の向上につなげたいと思っています。今はまだ改善に取り組むスピード感が十分ではありませんが、チームをはじめとして部署、社内の方々の協力をいただきつつ、近い将来実現したいと考えています。
常駐SEから転職したことで、今は本当に楽しく充実した毎日を過ごしています。失敗を恐れずトライ&エラーを繰り返すこと、常に自分ゴト化することで、今後も会社の進化と共に自分自身も進化し続けたいです。

※所属組織・記載内容は2019年6月時点のものです。

ページトップ